河童の川流れ
(かっぱのかわながれ )

ということわざを
耳にした事はあると思いますが、

 

河童の川流れの意味は
どのようになっているのでしょうか?

 

なので今回は

河童の川流れの意味

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

河童の川流れの意味はどうなってるのか?

それで河童の川流れの意味は
どうなってるのかと言えば

 

その道の名人や達人であっても
時には油断して失敗してしまう事

という意味を持っています。

 

河童というのは空想上の生物で
泳ぎが得意な事が知られていますが、

 

そんな泳ぎが得意な河童であっても
溺れて川に流されてしまう時もある

という事で、

 

そんな河童の姿を

例え達人であろうとも
時には失敗する事もある

と例えた言葉となっているのです。

 

似たような意味の言葉で

 

・猿も木から落ちる

・弘法にも筆の誤り

 

といった言葉も存在しています。

 

また、
河童の川流れの意味は他に

 

たとえ得意な事であったとしても
油断は禁物である

 

といったように

教訓的な意味合いで
使われる場合も存在しています。

 

スポンサードリンク

 

河童の川流れの例文とは?

それで河童の川流れの意味は
どのように使われてるかについて

いくつか例文を見てみましょう。

 

「足の速い彼がリレーでバトンを落とすだなんて
まさに河童の川流れだね」

 

足が速い人がリレーを行ったときに油断するなどして
バトンを落とすという失敗をしてしまい、

その結果負けるとなった時の場面。

 

「暗算が得意なあの人が計算間違いをするだなんて
河童の川流れとはこのことだ」

 

得意な事でも失敗をすることもある
という場合にも使います。

 

「河童の川流れというように
たまに上手くいかない時だってあるさ」

 

調子が悪い等の理由で
普段得意な事に失敗した時にも使います。

 

なので基本的に
河童の川流れという言葉は

得意な事を失敗してしまったという時

に使用する事になっています。

 

 

河童の川流れの意味で間違った使い方も?

そんな河童の川流れは
本来の意味とは逆に

 

河童が川を流れるように上手に泳いでいる

という意味でつかわれる場合がありますが
これは間違った使い方です。

 

川を流れるという事が

流されているというよりも
流れるように泳いでると見える事から

 

本来の意味とは逆に

「難しそうな問題を
まるで河童の川流れのように簡単に解いた」

といったように、

 

「見事な」

といった感じの使い方をされてる模様です。

 

 

河童の川流れまとめ

河童の川流れの意味については

その道の名人や達人であっても
時には油断して失敗してしまう事

となっています。

 

ただ、
河童の川流れという言葉は

 

・弘法にも筆の誤り

・猿も木から落ちる

等の似たような意味と比べたら
使われる事は少ないように思います。

 

スポンサードリンク