バレンタインチョコには

世話チョコ

と呼ばれる種類のチョコがありますが、

 

世話チョコとは
どんな意味をもったチョコなのでしょう?

 

なので今回は

世話チョコの意味

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

世話チョコの意味はどうなってるのか?

それで世話チョコというのは
どのようなチョコレートなのかと言えば

 

バレンタインの日に
お世話になった人に贈るチョコレート

という意味の言葉です。

 

もっと具体的にいえば

会社の上司とか先輩、先生等の
お世話になってる目上の人に贈るチョコ

という事です。

 

世話チョコの起源に関しては
こちらも定かではないのですが、

 

2005年頃から既に

世話チョコ

という言葉を使ってる人が
存在したという事です。

 

スポンサードリンク

 

世話チョコと義理チョコの違いは何なのか?

「お世話になってる人にあげるのだから
それは義理チョコになるのではないの?」

と思うかもしれないですが、

 

世話チョコと義理チョコの違いには
どのようなものが存在するかと言いますと・・・

 

まず義理チョコというのは

友チョコの意味や義理チョコとの違いとは?

でも書いているように

 

上司や同僚、男友達、後輩、先生といった
恋愛感情のない男性に対して

お世話様の気持ちを込めて贈るチョコレート

 

という意味になってるのですが、

 

世話チョコはさらにそこから分岐して、

上司や先輩、先生等のお世話になってる人に
感謝の気持ちを込めて贈るチョコ

という意味です。

 

つまり

世話チョコも言ってしまえば
義理チョコの一種という事になるのですが、

 

違いを分けるとしたら

 

義理チョコ:

異性の同僚や男友達、後輩等に
バレンタインチョコを贈る事

 

世話チョコ:

お世話になってる上司や先輩、先生に
感謝の気持ちを込めて贈るチョコ

 

という違いとなっています。

 

また、
義理チョコと世話チョコの違いは他に

感謝の気持ちがあるかどうか

という違いが存在してます。

 

基本的に世話チョコというのは
本命チョコと比べると落ちるのですが、

 

感謝の気持ちを込めて
お世話になってる人に贈る

という事で、

 

義理チョコよりも少しランクが上のチョコで
本命に次いで重要とされてるのです。

 

ぶっちゃけ男友達や同僚などに
感謝の気持ちを込めて贈るというのは

そんなにない事だと思いますし、

 

そういう意味でも

お世話になってる目上の人に贈るという事で
義理チョコよりも重要なチョコとなってます。

 

 

世話チョコの意味まとめ

世話チョコとは
どんな意味のチョコかと言いますと、

 

バレンタインの日に
お世話になった人に贈るチョコレート

となっています。

 

そして、
義理チョコとの違いは

 

義理チョコ:

異性の同僚や男友達、後輩等に
バレンタインチョコを贈る事

 

世話チョコ:

お世話になってる上司や先輩、先生に
感謝の気持ちを込めて贈るチョコ

 

となってる感じです。

 

こうしてみると友チョコと同じように
チョコも多様化してきてる時代なのだと

つくづく感じますね。

 

スポンサードリンク