零れ桜

という桜に関する言葉がありますが、

 

零れ桜の意味や読み方は
どのようになっているのでしょうか?

 

なので今回は

零れ桜の意味や読み方

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

零れ桜の読み方はどうなってるの?

零れ桜の読み方は
どのようになっているのかと言えば

 

零れ桜(こぼれざくら)

という風に読みます。

 

零れ桜の「零」という漢字は

零れる(こぼれる)

という意味で使われていますので、

 

「零れ落ちる桜」

という意味を込めて
零れ桜となっているのです。

 

 

零れ桜の意味ってどうなってるの?

そして零れ桜の意味は
どのようになっているのかと言えば

 

1.満開になってこぼれ落ちる桜の花

2.桜の花びらを散らした模様

 

となっています。

 

零れ桜の「零」という漢字の意味は

 

1.しずく

2.おちる

3.おちぶれる

4.降ってくる

5.細かい,小さい

6.余り,半端な

 

等の意味が存在しています。

 

満開になってそこから桜の花が
散って落ちていく様子が

 

桜の花びらが零れ落ちていく

という事で
零れ桜となっているのでしょう。

 

満開つまりピークを迎えて
そこから桜の花びらが散っていく様子というのは

何とも幻想的な部分があると同時に

 

季節が少しずつ
4月から5月へと移り変わるように感じます。

 

また、

「零」という漢字には
「おちぶれる」という意味がありますので、

 

満開になった桜の花びらが
季節が移り変わると同時に散らしていく姿は

 

どことなくおちぶれているようにも
思えてくるのかもしれないですね。

(最もまた1年を迎えれば
また桜の花は咲き誇るようになりますが。)

 

スポンサードリンク

 

零れ桜の時期は大体いつ頃?

それで零れ桜の時期は
大体いつくらいになるのかと言いますと、

 

桜が散り始める時期は大体

4月10日前後

となっていますので、

 

桜が散り始める4月10日前後から

1週間~10日程度

で全ての桜が散ってしまいます。

 

なので、

零れ桜つまり
桜が満開になった後零れ落ちていくのは

 

4月10日~20日頃

という事になります。

 

ただ、

八重桜の場合だと
4月下旬ころまで楽しむ事ができるので、

 

零れ桜となるのも
少し遅れる事になるかと思います。

 

 

零れ桜の意味まとめ

零れ桜(こぼれざくら)の意味は

 

1.満開になってこぼれ落ちる桜の花

2.桜の花びらを散らした模様

 

となっています。

 

零れ落ちていく桜というのは
なんとなく幻想的な部分があると同時に、

桜のシーズンが終わりを告げてるようで
なんだか一抹の寂しさを感じてしまいます。

 

とはいえ、

桜の花はまた1年経てば
立派に咲き誇る事になりますので、

それまで待つといいかと思います。

 

スポンサードリンク