我が世の春(わがよのはる)

という言葉を
耳にした事があると思いますが、

 

我が世の春の意味は
どうなっているのでしょうか?

 

なので今回は

我が世の春の意味

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

我が世の春の意味はこのようになってる?

我が世の春の意味は
どのようになってるのかと言いますと、

 

1.何もかも自分の思い通りになる最も得意な時期

2.絶頂の時期

 

といった意味が存在しています。

 

「春」という言葉は
季節を表す意味で有名ですが

 

その他にも

勢いの盛んな時期。得意の時

という意味も存在しています。

 

つまり、
わが世の春というのは

 

自分の人生において
最も充実している時期が来て

自分の思い通りに進んでいる事

を表しているわけです。

 

春という時期は
季節の中ではとても心地よいので

 

自分だけが春のような
心地よい世界にいると感じてるという事で

 

最も充実しているとか
思い通りに進んでる時期という事で

我が世の春

という言葉が使われてるのです。

 

やはり人というのは

自分にとって思い通りになったり
充実していたりすると

 

心地よいと感じるものなのだと
改めて思ったりしますね。

 

スポンサードリンク

 

我が世の春の使い方はどうなるのか?

それで我が世の春の使い方は
どのようになってるのかと言えば

 

我が世の春は
最も得意な時期を表すので

 

「我が世の春を謳歌(おうか)する」

という使い方をされる事が多いです。

 

謳歌とは
どんな意味がある言葉かと言えば

 

1.声を合わせて歌うこと。もしくはその歌

2.多くの人が声をそろえて褒めたたえること

3.幸せをみんなで大いに楽しみ喜び合うこと

4.うわさすること。もしくは噂

 

という意味になります。

 

 

「我が世の春を謳歌する」
の場合は意味から察するに

 

3.幸せをみんなで大いに楽しみ喜び合うこと

 

という事になり、

 

我が世の春を謳歌するとは

自分の思い通りになってる事を
みんなで大い楽しみ喜び合うこと

という意味になるかと思います。

 

まぁぶっちゃけ
自分の思い通りになってる絶頂の時期を

他の人も喜んでるかどうかは
少々疑問が残るような気はしますが。

 

 

我が世の春の意味まとめ

我が世の春の意味につきましては

 

1.何もかも自分の思い通りになる最も得意な時期

2.絶頂の時期

 

となっています。

 

春は季節の中だと
心地よくて過ごしやすいですから、

 

そんな春になぞられて、

自分の思い通りになったりする事が
とても心地よいという事なのでしょう。

 

とはいえ、

自分の思い通りになるからと言って
あんまり心地よさに浸らずに

気を引き締めることも大事になると思いますが。

 

スポンサードリンク