真ん中に穴が開いているお菓子として

バウムクーヘン

がありますけども、

 

バウムクーヘンとは
どんな意味が存在しているのでしょうか?

 

なので今回は

バウムクーヘンの意味

についてをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

バウムクーヘンの意味はドイツ語から来てる?

バウムクーヘンという言葉は
ドイツ語が由来となっていまして

 

ドイツ語で木や樹木を意味するバウム(baum)

ドイツ語で焼き菓子やケーキを意味するクーヘン(kuchen)

 

が合わさった言葉です。

 

なのでバウムクーヘンには

木のお菓子、木のケーキ

といった意味が存在するのです。

 

ちなみに日本では

バームクーヘン

と呼ばれることもあって、

 

「バーム」と呼ぶ方が呼びやすいことから
バームクーヘンという呼び方が定着しました。

 

 

バウムクーヘンの名前の由来は?

バウムクーヘンはドイツ語で

木のお菓子、木のケーキ

といった意味が存在していますが、

 

バウムクーヘンという名前の由来は

中心に穴が開いていて
断面部分が年輪の模様になってることから、

 

木の菓子、木のケーキ

といった意味を持つ
バウムクーヘンとなっているのです。

 

スポンサードリンク

 

バウムクーヘンの意味は結婚式の引き菓子としては?

そんなバウムクーヘンは日本では

結婚式の引菓子

として人気がありまして、

 

その理由は

樹木の年輪のような模様をしていることや
焼いては何度も生地を重ね段々太くなることから

 

幸せを積み重ねていく、長寿、繁栄

といった意味を連想させるからです。

 

また、

バームクーヘンは他のお菓子と比べて
賞味期限が長くて型崩れしにくいので

 

贈り物として
好まれているという部分があります。

 

 

バウムクーヘンはドイツでは実は?

バウムクーヘンはドイツのお菓子として
日本で好まれていますけども、

 

実はバウムクーヘンは本場ドイツでは
一般的なお菓子ではないのです。

 

なぜなら、

バウムクーヘンは普通のオーブンでは作れず
専用のオーブンを必要としますし、

作る際にも特殊な技能を要します。

 

また、

バウムクーヘンが他のケーキと
一緒に並んだとしても

 

客はバウムクーヘンばかりを
選んで食べるわけではありませんので

一般的な菓子店ではあまり並ばないのです。

 

なので意外にも

本場ともいえるドイツでは
日本ほど広まっているお菓子ではないのです。

 

 

バウムクーヘンの意味はドイツ語でまとめ

バウムクーヘンの意味はドイツ語で

木のお菓子、木のケーキ

となっています。

 

その断面が

木の年輪のような模様をしていることから
名付けられた名前であり、

 

幸せを重ねていくということで
結婚式の引き菓子として好まれています。

 

スポンサードリンク