12月に入ると

年末(ねんまつ)

という言葉が用いられますが、

 

年末の意味は
どのようになっているのでしょうか?

 

なので今回は

年末の意味

についてをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

年末の意味はどうなっているのか?

年末の意味は
どのようになっているのかといえば

 

1.一年の終わり

2.年の暮れ

 

といった意味を持っています。

 

年末の「年」という言葉は

年、1年

を意味していますし、

 

年末の「末」という言葉には

終わり、すえ

という意味が存在しています。

 

なので年末には

1年の終わり

という意味が存在してることになります。

 

ちなみに似たような意味の言葉としては
こんなものも存在しています↓

歳末の意味や由来はどこから来てる?

 

 

年末はいつからいつまでなの?

そして年末は
いつからいつまでをいうのかといえば

 

基本的には年末は

 

12月後半

12月下旬頃

 

のことを意味しています。

 

ただ、
本格的に年末という言葉を使うのは

クリスマスシーズンを過ぎてから

となっていますので、

 

クリスマスシーズン中は

年末という言葉よりも
クリスマスに関連した言葉が多く使われ、

 

クリスマスとなる12月25日以降から
年末という言葉が使われるようになります。

 

そして年末という言葉は
1年の終わりを意味していますので、

 

年末という言葉が使えるのも

12月31日頃まで

となっているのです。

 

スポンサードリンク

 

年末の使い方はこうなる?

そして年末を文章として使う場合
使い方はどうなるのかについては

このような感じとなっております。

 

年末は実家に帰ってゆっくりと過ごすとしよう

今年も年末の大売り出しが始まった

年末年始の神社は人が多くなるから
混雑には注意しないといけない

 

といった感じですね。

 

年末は1年の終わりで
企業も休みとなるところが多いので、

実家に帰ってゆっくりと過ごすという人も
多くなるかと思いますし、

 

年末ということで
大きなセールが行われるようになります。

 

また、

年末年始にかけては
ご利益を求めて神社へ参拝する人が

とても多くなる時期になりますので、

 

混雑することを
気にする必要があるということです。

 

ちなみに歳末と年末の違いは
こちらで紹介をしています↓

歳末と年末の違いは 使い方はどうなる?

 

 

年末の意味まとめ

年末の意味に関しては

 

1.一年の終わり

2.年の暮れ

 

となっています。

 

なので1年の終わりの時期に
年末という言葉を使うようにしましょう。

 

ただ、

基本的に12月後半は
クリスマスシーズンとなりますので、

 

年末という言葉を使う場合は
12月25日以降に使用するのがよろしいでしょう。

 

スポンサードリンク