ブタクサとセイタカアワダチソウ

は間違えられることがありますが、

 

ブタクサとセイタカアワダチソウには
どのような違いが存在するのでしょうか?

 

なので今回は

ブタクサとセイタカアワダチソウの違い

についてをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

ブタクサとセイタカアワダチソウの違いは?

それではブタクサとセイタカアワダチソウには
どのような違いがあるのか見てみましょう。

 

 

花の違い

ブタクサとセイタカアワダチソウには
外見からして違いが存在していて

 

 

ブタクサの花は小さいために

遠目からだと緑白色系に見えてしまうので
黄色い花を確認するのは難しく、

近づいて初めて小さな黄色の花があると分かります。

 

その一方でセイタカアワダチソウはといえば

 

 

このような感じの鮮やかな黄色の小花が
沢山咲き並んでいるのが特徴となります。

 

なので、
ブタクサとセイタカアワダチソウには

 

ブタクサ:花の色が薄い

セイタカアワダチソウ:花の色が濃い

 

という違いが存在しているのです。

 

 

葉の違い

ブタクサとセイタカアワダチソウには他に
葉にも違いが存在しています。

 

ブタクサの葉は

ギザギザでよもぎの葉のような形をした
ひらひらした葉となっています。

 

その一方でセイタカアワダチソウはといえば

笹の葉に似ていてスッとしてとがった感じの
細長い流線型となっています。

 

なので
ブタクサとセイタカアワダチソウの違いとして

 

ブタクサ:よもぎの葉のような形

セイタカアワダチソウ:笹の葉のような形

 

というものも挙げられるのです。

 

スポンサードリンク

 

花粉症の原因かどうか

他にもブタクサとセイタカアワダチソウの違いとして

花粉症の原因かどうか

というところも存在しています。

 

ブタクサは風媒花という
風で花粉を運ぶタイプの植物なので、

空気中に花粉が蔓延して
アレルギーを引き起こしてしまいます。

 

なのでブタクサは

日本国内ではスギ、ヒノキに次ぐ患者数と言われるくらい
秋の花粉症では代表的なアレルゲンです。

 

その一方でセイタカアワダチソウは

虫媒花といって
昆虫などに花粉を運んでもらうタイプです。

 

なので、

花粉は重くて空気中に簡単に蔓延しないため
花粉症の原因となることは非常に少ないです。

 

だから
ブタクサとセイタカアワダチソウの違いとして

 

ブタクサ:花粉症の原因になる

セイタカアワダチソウ:花粉症の原因ではない

 

というものが挙げられるのです。

 

ブタクサの由来についてはこちらも↓

ブタクサの由来はどこから来ているの?

 

 

ブタクサとセイタカアワダチソウの違いまとめ

ブタクサとセイタカアワダチソウの違いは

 

花の色

葉の形

花粉症の原因か

 

といったものが挙げられますので

これらのことをチェックしたうえで
ブタクサとセイタカアワダチソウを見分けましょう。

 

スポンサードリンク