文章を書いていて「ずれる」と書こうとしたときに

ずれるとづれるでどっちが正しいんだろう?

と思わなかったでしょうか?

 

なので今回は

ずれるとづれるでどっちが正しいのか

についてをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

ずれるとづれるでどっちが正しいのか?

ずれるとづれるでどっちが正しいのかは

ずれる

の方が正しい使い方になります。

 

「づ」になる場合は

「つ」が変化した音便の場合や
言葉が重なって新しい言葉ができたとき

となっています。

 

例えば

「つづく」のように「つ」が連続していると
二つ目の「つ」が「づ」と濁点が付きますし、

 

「近付く(ちかづく)」という言葉の場合でも

「近」+「付く(つく)」=「近付く」

となりますので、

 

「づ」がつけられる言葉となります。

 

 

ずれるとづれるが勘違いされる理由とは?

ずれるがづれると勘違いされる理由は
ハッキリとはしていませんが、

 

発音が似ているというのもありますが、
それ以外でも古くは

 

「はずれる(外れる)」は「はづれる」

「おとずれる(訪れる)」は「おとづれる」

と書いていましたので、

 

それが混合されてしまったことが

「ずれる」と「づれる」が
間違われる理由なのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

ずれるの意味はどうなっているのか?

ずれるの意味はどうなってるのかといえば
このような感じになっています。

 

1.元あったところから少し離れた位置に移動する

2.標準や基準から少しはずれたり食い違うこと

 

なので、

離れた位置に移動していたり
食い違ったりしているような時を意味するのが

 

ずれる

という言葉になるのです。

 

ちなみにずれるの他動詞形として
「ずらす」という言葉も存在しています↓

ずらすとづらすで正しいのは 意味はどうなる?

 

 

ずれるの使い方はどうなっている?

ずれるの使い方は
どのような感じになっているのかといえば

 

1.元あったところから少し離れた位置に移動する

という意味で使う場合ですと

 

地震で棚が元の位置からずれる

トラックの積み荷がずれた

 

という使い方になりますし、

 

2.標準や基準から少しはずれたり食い違うこと

という意味で使う場合ですと

 

到着が遅れて開始時間が少しずれる

世代差によって考え方がずれてるのを感じる

 

という使い方になります。

 

 

ずれるとづれるでどっちが正しいまとめ

ずれるとづれるでどっちが正しいかは

ずれる

の方となっています。

 

なのでずれるという言葉を

 

1.元あったところから少し離れた位置に移動する

2.標準や基準から少しはずれたり食い違うこと

 

という時に対して使いましょう。

 

スポンサードリンク