テレビで

ちょっちゅね

と言っている人を見たと思いますが、

 

ちょっちゅねの意味は
どのようになっているのでしょうか?

 

なので今回は

ちょっちゅねの意味

についてをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

ちょっちゅねの意味はこうなる?

ちょっちゅねの意味は

そうですね

となっています。

 

「ちょっちゅね」という言葉からなんとなく

ちょっとね

みたいな意味かと思うかもしれませんが、

 

実際は「そうですね」なので

「ちょっとね」という意味で
「ちょっちゅね」と使わないようにしましょう。

 

 

ちょっちゅねは方言なのか?

ちょっちゅねは方言なのかといえば

違います。

 

「ちょっちゅね」という言葉は
元プロボクサーの具志堅用高さんが

そうですね

といった時に

 

「ちょっちゅね」

といったように聞こえたのが由来です。

 

具志堅用高さんは
沖縄出身の元プロボクサーなので

「そうですね」という言葉が独特のなまりで
「ちょっちゅね」と言ってるように聞こえたということです。

 

一応沖縄なまりの言葉ではありますが、

沖縄の方言として「ちょっちゅね」は
使われていませんので注意してください。

 

そして、

「ちょっちゅね」という言葉が
広まっていった理由としましては

 

テレビ番組で片岡鶴太郎さんが
具志堅用高のモノマネとして

 

ちょっちゅね

とやり始めたのがきっかけで
広まっていったのでした。

 

まさかモノマネから広がっていったというのも
なんだか意外な話がしますね。

 

スポンサードリンク

 

ちょっちゅねの使い方はこうなっている?

ちょっちゅねの使い方は
どのようになっているのかと言いますと、

 

A「この試合の勝因は何だったのでしょうか」

B「ちょっちゅね。やっぱりここが勝因だったんじゃないでしょうか」

 

A「この部分は意識してやったことなのでしょうか?」

B「ちょっちゅね。あえてこうしたという感じですね」

 

といった感じで、

相手に質問されたことに対して
「そうですね」と答えるときに使います。

 

とはいえ、

「ちょっちゅね」という言葉自体が
具志堅用高さんのなまりによる言葉なので、

 

日常生活で使うようなことは
全くと言っていいくらいないと思いますし、

 

具志堅用高さんのモノマネするときくらいしか
使うときはなさそうだと思います。

 

 

ちょっちゅねの意味まとめ

ちょっちゅねの意味は

そうですね

となっていまして、
方言ではなく具志堅用高さんのなまりになります。

 

似ていますが「ちょっとね」とは
意味が違っていますので、

間違って使わないようにしましょう。

 

とはいえ、

ちょっちゅねを正しい意味で使うときは
具志堅用高さんのモノマネくらいしかなさそうですが。

 

スポンサードリンク