暁(あかつき)

という言葉を
耳にした事はあると思いますが、

 

暁の意味は
どのようになっているのでしょうか?

 

なので今回は

暁の意味はどうなってるか?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

暁の意味はどうなってるのか?

それで暁の意味は
どのようになってるのかと言いますと、

 

1.夜の明ける頃,明け方
 夜半から明け方までの時刻

2.待ち望んでた事が実現する、完成する際

 

といった意味を持っています。

 

夜半というのは

深夜0時の前後それぞれ30分間を合わせた
1時間くらいの時間の事で

おおよそ11時30分~0時30分くらいの時間を表します。

 

それで明け方というのは
夜が明けようとする時間の事で

時間はおおよそ午前3時頃~午前6時頃くらいになります。

 

なので暁の時間帯は現在で言うと

11時30分~0時30分から午前3時頃~午前6時頃

くらいの時間帯になるのです。

 

確かにこのくらいの時刻だったら

太陽が昇る前のほの暗い時間として
丁度いいのかもしれないと思います。

 

ですが現在では暁は

夜明けの頃

を意味する言葉となっています。

 

 

暁の由来はどうなっているのか?

それで暁の由来としましては

ヘンの「日」の部分は
日つまり太陽を表す意味がありますし、

 

「尭」はもともとは「堯」
字の上部に「土」を3つ重ねている様子から

「高く盛る」

という意味を持っています。

 

なので、
「日」と「尭」を組み合わせて

日が高く上る

という意味になり、

 

夜明けもしくは
夜半から明け方までの時刻を表す

となったとされています。

 

その他にも

明時(あかとき)

と呼ばれていたものが変化して
暁となったともいわれています。

 

そして暁=夜明けという意味が

待ち望んでいたことが実現する、完成する

といった意味でつかわれるようになりました。

 

スポンサードリンク

 

暁の使い方はどのようになってるのか?

それで暁という言葉は
どのような使い方がされてるのかと言えば、

 

・この企画が成功した暁には課長の地位を約束しよう

・私が総理大臣に就任した暁にはこの制度を通そう

 

といったように

どちらかというと本来の意味の
夜明けや明け方といった使い方よりも

 

何かを成し遂げた時には

といった意味での使い方が
多いような印象を受けます。

 

 

暁の意味まとめ

暁の意味につきましては

 

1.夜の明ける頃,明け方
 夜半から明け方までの時刻

2.待ち望んでた事が実現する、完成する際

 

といった意味になっています。

 

とはいえ
実際に日常生活で使う時には

明け方とか夜明けを意味する時ではなく、

 

何かを成し遂げた時には

みたいな使い方がされる場合が多いです。

 

スポンサードリンク