近年のバレンタインでは

逆チョコ

と呼ばれるものも出てきていますが、

 

逆チョコの意味は
どのようになっているのでしょうか?

 

なので今回は

逆チョコの意味

についてをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

逆チョコの意味はこうなっている?

逆チョコの意味は
どのようになっているのかといえば

 

バレンタインデーで男性が女性に贈るチョコレート

という意味になっています。

 

日本においてバレンタインといえば

女性が男性に対して
チョコレートを贈る日となっていますが、

 

その逆に男性が女性に対して
チョコレートを贈ることから

逆チョコ

と呼ばれているということです。

 

ちなみに、

アメリカではバレンタインには男性から女性に
プレゼントを贈るのが一般的とされてますし、

 

そもそもバレンタイン自体が

2月14日に男女関係なく
贈り物をしていたのですが、

 

1958年に洋菓子商の「メリーチョコレート」が

女性が男性にチョコをプレゼントする
という企画をしたことにより

 

日本ではバレンタインが

女性が男性にチョコを贈る日

となったのです。

 

 

逆チョコの由来はどこから来ている?

逆チョコはいつから始まったのかといえば

2008年のバレンタイン商戦

から話題になり始めており、

 

2008年の12月に森永製菓が実施した
10~50代の男女800人を対象にした意識調査で

 

男性の72.8%が贈ってもよい

と回答したことによって、

 

森永製菓は2009年1月に
通常商品のパッケージのロゴを反転させた

「逆チョコ」3シリーズ

を発売したのが由来になってます。

 

こちらもバレンタインと同様に
企業による戦略ともいえるわけです。

 

ちなみに
逆チョコを渡す男性の心理としては

女性と同じくバレンタインは
告白ができる最大のチャンス

と考えている模様で、

 

逆チョコを渡すというのは
告白をするきっかけということですね。

 

また、

その場で「義理チョコ」として
バレンタインチョコを渡す女性に対し

 

その場で「義理チョコ」として
プレゼントをするために

逆チョコを贈るという人もいます。

 

スポンサードリンク

 

逆チョコのお返しはどうするのか?

男性が女性からチョコレートを貰ったら

ホワイトデーにお返しをする

というのが主流となってますが、

 

逆チョコの場合だと

女性から男性にお返しする場合
どうすればいいのでしょうか?

 

これに関しては

お返しをする時期は特に決まっておらず
いつお返しをしても問題ない

とされています。

 

例えば

もし逆チョコをくれた男性が
自分が好意を持っている相手だったら、

 

その場で返事をして
近いうちにお返しをするといいですし、

 

男性がホワイトデーにお返しするように

逆チョコのお返しをホワイトデーにする

というのもいいでしょう。

 

ただ、

本命の相手から貰った場合でない場合は
勘違いをされたりしないように、

 

ホワイトデーに簡単なものをお返しする

という風にした方がいいでしょう。

 

 

逆チョコの意味まとめ

逆チョコの意味につきましては

バレンタインデーで男性が女性に贈るチョコレート

となっています。

 

バレンタインも最近では
様々な種類のものがあって変化があり、

企業の戦略的な部分も
見えてきているように思えてきますね。

 

スポンサードリンク