桜吹雪(さくらふぶき)

という言葉を
本等で見た事があると思いますが、

 

桜吹雪とは
どんな意味を持ってるのでしょうか?

 

なので今回は

桜吹雪とはどんな意味なのか?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

桜吹雪とはどんな意味になっているのか?

それで桜吹雪とは
どんな意味になってるのかと言えば

 

桜の花びらが風に舞い散る様子を
吹雪に例えて使う表現となっています。

 

満開に咲いた桜の花びらが
まるで吹雪のように舞い散ってる様子から

その名の通り桜吹雪となりました。

 

満開になった桜が
吹雪のように舞い散る姿というのは

 

春というか4月の象徴ともいえる桜の花が
吹雪のように花びらを散らす事によって

その後若葉を生やして
初夏の時期に当たる5月へと移り変わっていく

という事を表してると感じますし、

 

桜の花びらが
吹雪のように散っていく姿が

とても儚く美しく思えてくるのだと思います。

 

花は桜木人は武士の意味はこうなっている?

という記事でも解説してるように、

 

日本人というのは
散り際に美しさを見出す部分がありますので、

 

桜の花が吹雪のように散っていく姿は
とても美しく映ると同時に、

潔さというものも感じるのでしょう。

 

だからこそ、
昔の日本人にとっては

桜の花というのは
花の中で最も優れている

と認識されていたのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

桜吹雪とは季節はいつ頃使うのか?

それで桜吹雪の季語は
大体いつ頃になってるのかと言えば

 

当然ながら

「桜」

という言葉が付いていて、

 

尚且つ

桜の花びらが風に舞い散る様子を
吹雪に例えて使う表現

となっていますので、

 

当然ながら

桜吹雪とは春の季語

という事になります。

 

それで、

桜吹雪とは
いつ頃使う季語なのかと言えば

 

基本的に桜という言葉を使うのは

3月下旬~4月上旬頃

となっているのですが、

 

桜は基本的に
開花から2週間くらいで散り始めて

1週間~10日程度で全ての花が散ってしまいます。

 

そして、
開花した桜が散り始める時期が

4月10日前後から

となっていますので、

 

満開になった桜が
吹雪のように散りだす時期は大体

4月中旬頃

という事になります。

 

なので桜吹雪は季語として

4月中旬頃

に使うのがよろしいでしょう。

 

 

桜吹雪とは意味はどうなっているのまとめ

桜吹雪とは意味はどうなるかと言えば

桜の花びらが風に舞い散る様子を
吹雪に例えて使う表現

という意味になっています。

 

桜が吹雪のように散っていく姿は
美しさも感じると同時に、

どこかさびしい部分も感じさせられます。

 

そして同時に

4月から5月へと季節が移る変わるのだと
改めて思いますね。

 

スポンサードリンク