土用の丑の日

といえば7月の終わり頃に
うなぎを食べる日として定着してますが、

 

実は

春土用(はるどよう)

と呼ばれる土用も存在してます。

 

そんな春土用とは
一体どんな意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

春土用とは意味はどうなっているの?

それで春土用とは
どんな意味があるのかと言いますと、

 

実は土用というのは

「立春、立夏、立秋、立冬」の前の約18日間

を意味する時期で、

 

1年の中で
季節の変わり目となる時期に

土用

は4回巡ってきます。

 

なので春土用とは

1年のうち4回訪れる土用の中のうち
立夏つまり夏が始まる前の18日間

を意味しているという事です。

 

春土用とは文字通り
春の土用という事ですので、

旧暦における夏が始まるという意味の
立夏の少し前の時期となるわけです。

 

(土用についてはこちらも参照↓

土用の意味や由来ってどうなっているの?)

 

 

ちなみに、
土用という言葉の語源に関しては

 

陰陽五行説と呼ばれる

万物は木・火・土・金・水の5つの元素から
成り立っている

とする中国の説が由来となり、

 

木・火・土・金・水は季節に当てはめると

 

木 … 春の象徴

火 … 夏の象徴

金 … 秋の象徴

水 … 冬の象徴

 

にあてはめられていて
土が余ってしまう事になりますので、

 

土を立春、立夏、立秋、立冬の
始まる前の18日間に当てはめたのが

土用

という事になるのです。

 

ちなみに

うなぎを食べる時期として定着している
土用の丑の日に関しては、

 

立秋の前日の18日間の中の丑の日という事で
夏土用に当てはまる時期になります。

 

スポンサードリンク

 

春土用とはいつ頃なのか?

それで春土用とは
大体いつ頃の事を言うのかと言えば、

 

土用という言葉自体が

立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間

を表す言葉となりますので、

 

おおよその時期としては
土用はそれぞれ

 

冬土用:1月後半~2月初め

春土用:4月後半~5月初め

夏土用:7月後半~8月初め

秋土用:10月後半~11月初め

 

といった感じになっています。

 

そして春土用は2018年の場合だと

2018年の立夏が5月5日ですので
その前日までと考えると

 

4月17日~5月4日

が2018年における
春土用の期間という事になります。

 

旧暦においては5月の初旬頃が立夏
つまり夏が始まる日とされているので、

その前日までの18日間が
春土用となっているという事です。

 

 

春土用とは意味はどうなってるまとめ

春土用とはどんな意味かと言いますと、

 

1年のうち4回訪れる土用の中のうち
立夏つまり夏が始まる前の18日間

となっています。

 

土用というとうなぎを食べる
土用の丑の日の印象が強いですが、

それ以外にも土用が訪れるというのが
なんだか意外な感じがしますね。

 

スポンサードリンク