うなぎを食べる日として

土用の丑の日

が定着していますけども、

 

土用とは
どんな意味や由来が存在するのでしょうか?

 

なので今回は

土用の意味や由来

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

土用の意味はこのようになっている?

それで土用とは
どのような意味があるのかと言えば

立春,立夏,立秋,立冬直前の 18日間

の事を土用と呼んでいて、

 

土用の期間はそれぞれ

 

立春(2月4日頃)の直前の18日間:

1月17日~2月3日頃

 

立夏(5月5日頃)の直前の18日間:

4月17日~5月4日頃

 

立秋(8月7日頃)の直前の18日間:

7月20日~8月6日頃

 

立冬(11月7日頃)の直前の18日間:

10月20日~11月6日頃

 

となっています。

 

このうち、

7月20日~8月6日頃

の期間の中にある丑の日が

 

土用の丑の日

と呼ばれて
うなぎを食べる日となっていますし、

 

立夏の直前にあたる

4月17日~5月4日頃

の事を

 

春土用

と呼んでいたりします。

(春土用についてはこちらも参照↓

春土用とは意味はどうなっていていつ使う?)

 

 

そして、

立春、立夏、立秋、立冬は旧暦において
季節が始まる日とされていました。

 

なので土用とは

季節の変わり目となる時期

という意味があるのです。

 

 

ちなみに丑の日というのは十二支の

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥

の丑のことで、

 

昔は十二支を使って
日付や時刻を表していました。

(なので十二支は現在でいえば
曜日みたいなものだと思ってもらえばいいです。)

 

なので、

7月20日~8月6日頃

の期間中にある丑の日が
土用の丑の日となっているという事です。

 

スポンサードリンク

 

土用の由来はどこから来ているのか?

そして土用の由来は
どこから来ているのかと言えば

 

中国で生まれた思想の1つである

陰陽五行説

からきているとされています。

 

陰陽五行説というのは

すべての事象は「木・火・土・金・水」
の5つの元素から成り立ってるという考えで、

 

この5つの元素を季節に当てはめると

 

木 … 春の象徴

火 … 夏の象徴

金 … 秋の象徴

水 … 冬の象徴

 

という風になっていました。

 

しかしこうなってしまえば
「土」がどこにも入らない事になるので

 

立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を

土用

として当てはめることになったのです。

 

 

土用には禁忌が存在している?

そんな土用には

季節の変わり目であるため
農作業などの大仕事をすると体調が崩れやすい

といった戒めや

 

土用の期間中には土には神様がいる

と考えられていた事から、

 

土いじりをしてはいけない

丑の日に大根の種をまいてはいけない

葬送を延期しないといけない

 

といった取り決めや

 

ガーデニング

農作業

草刈

建設・土木・リフォーム

引越し

新規のこと

買い物(食料品や消耗品は除く)

旅行、レジャー

アウトドア

暴飲暴食

釣り

開業

新規出店

新装開店

 

といったことが
禁止だとされています。

 

 

土用の意味や由来まとめ

土用の意味や由来については
以上となっています。

 

土用の丑の日として
親しまれていますけども、

元々は季節の節目の時期
となっていたわけなのですね。

 

スポンサードリンク