花は桜木人は武士
(はなはさくらぎひとはぶし)

という言葉を
最近耳にしたと思いますが、

 

花は桜木人は武士の意味は
どのようになっているのでしょうか?

 

なので今回は

花は桜木人は武士の意味

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

 

花は桜木人は武士の意味はどうなる?

それで花は桜木人は武士の意味は
どのようになってるのかといえば、

 

花の中では桜が最も優れていて、
人の中では武士が最もすぐれている

という意味になっています。

 

なぜこの2つが
花や人の中では優れてるのかと言えば

 

桜の花はぱっと咲いてぱっと散る事から
その瞬間が最も美しいと言われ、

武士にしても最期が潔く美しい事から

 

散り際が潔く美しいということで

花の中で桜が最も優れていて
人の中だと武士が最も優れている

という意味の言葉となってるわけです。

 

また、

武士は江戸時代頃の日本ですと
身分の高い役職となっていましたので、

 

人の中では武士が最も優れているというのも
時代の背景があった事が伺えます。

 

スポンサードリンク

 

花は桜木人は武士の使い方とは?

そんな花は桜木人は武士の使い方は
どのようになってるのかと言えば

 

そんなに使用する機会はない言葉ですが
使うとした場合は

 

花は桜木、人は武士というように、自分も潔くありたい

という使い方がされます。

 

花は桜木人は武士は

桜や武士は散り際が潔く美しい事から
花や人の中で最も優れてると言われてますから、

 

そんな桜や武士のように
潔い人間になりたいという事ですね。

 

散り際の部分に美を求める
日本人ならではの考え方と言うべきでしょうか?

 

 

花は桜木人は武士と似た意味の言葉は?

そんな花は桜木人は武士には
似たような意味の言葉はないかと言えば

 

木は檜人は武士
(きはひのきひとはぶし)

という言葉が存在していて

 

その意味は

木の中では檜が最も優れていて
人の中では武士が最も優れてる

となっています。

 

ただ檜の場合は
散り際が美しいとかではなく、

 

檜は日本の建材の中では
最高品質かつ日本人好みの芳香があるとされ、

加工が容易なために
建築・家具・船舶・彫刻等に重宝されてます。

 

なので
最高品質の木材ということで

日本人にとっては檜が
木の中で最も優れているという事になるのです。

 

 

花は桜木人は武士の意味まとめ

花は桜木人は武士の意味は

花の中では桜が最も優れていて、
人の中では武士が最もすぐれている

となっています。

 

散り際が最も美しいという
日本人の考え方や時代の背景等によって

桜や武士が最も優れてるという事になったわけですね。

 

スポンサードリンク